株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

LPGボンベ充填期間

先週日曜日に町内の備品倉庫の整理を行いました。その際、LPGボンベの充填期間切れのものが3本ありました。中身は3本とも空ではない重さでした。とりあえず充填期間が2年以上過ぎてている1本を再検査をし、LPガスを充填してほしいと依頼を受けました。

LPGボンベには充填期間が定められており、製造から5年となっております。その後再検査を受け、合格したものは充填期間が5年間延長となりますが、製造より20年経ちますと再検査を受けて合格しても充填期間は1年しか延長されません。

充填期間はLPGボンベ本体に赤文字で”充てん期間 平(令)〇(年)-〇(月)”と大きく明示してあります。

昨日、以前ブログでも紹介させていただきましたハイブリッド発電機のWeb説明会に参加しました。説明会を聞き、非常時のLPGは強いなと改めて思いました。LPGはボンベの充填期間はありますが、保存には期限がないだけに非常用のボンベはできるだけ満タンに近い状態で保管しておきたいものです。

充填期間を過ぎているLPGボンベの再検査はボンベに残っているガスを全て出さないと検査できません。ボンベ内にガスが残っているボンベを再検査に出すと残っているガスが無駄になってしまいます。できるだけガスを使い切ってから再検査に出す方がよいのですが、充填期間、ガスの残量、非常時になる可能性のある時期などを考えて判断しないといけなくなります。

大雨が続き、今後台風の季節にもなってまいります。LPGボンベをお持ちの方、まずはこのタイミングで一度充てん期間の確認をお勧め致します。

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ