株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

既存照明からLED照明へご検討なら

昨日、会社のW部長から”これ、よかったらどうぞ‼”といただいいたのが

ノコギリクワガタのメスでした。

「どうしたんですか?」と尋ねると「前日の夜、マンションの廊下に転がっていた」とのこと。W部長のお住まいのマンションは山に近いところにあるのは知っていましたが、クワガタが飛んでくるとは思いませんでした。「夏時期にはたまに飛んでくるのよ」とのこと。で、ありがたくいただきました。

マンションの廊下に虫がやってくるのは、いろいろな要因がありますが、そのうちのひとつが廊下についている照明(蛍光灯など)から出ている波長につられて寄ってくるということがあります。今回のクワガタがこの波長につられてやってきたかはわかりませんが、蛾などは波長につられてやってきます。そして、その蛾などを捕食するために蜘蛛が照明の周りに巣を張ったりし、マンションの廊下の照明周辺は虫でエラいことになったりします。

この波長を活かして虫を捕まえる捕虫器なども存在しております。コンビニの入り口付近の軒下に吊ってあったりする四角く青い光を放って、夏の夜にコンビニに買い物に行くとたまに”ビリビリビリ”などと音を出しているアノ機械です。

実は「水銀に関する水俣条約」という条例があり、2020年より高圧水銀灯の製造・輸出入が禁止となります。これに伴い各メーカーが蛍光灯照明器具の生産中止を発表。今後、蛍光灯においても徐々にではありますが入手が困難になってくると思われます。

その代替品は?となるとLED照明になるわけですが、価格面では依然蛍光灯よりは高いものの、発売当初から比べると大幅に安くなっております。LED照明は水銀灯の照明器具に比べて寿命が長く、消費電力が少ないので、照明器具の種類によって差はありますが、水銀灯の照明器具からの入替費用はペイできるかと思われます。

そのLED照明から出る虫が寄ってくる波長は蛍光灯から出るそれに比べて少ないので、虫も寄りにくくなります。すべての虫が寄ってこないかというと語弊がありますが、少なくなるのは事実のようです。ゆえにLED照明を使用した捕虫器は未だ開発されていないようです。

という既存照明からLED照明への入替をご検討であれば、8月22日(土)の弊社商談会にお気軽にお立ち寄りください‼

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ