株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

お好み牛玉丼?!

昨日、すき家の前を通りかかるとのぼりに”お好み牛玉丼”の文字が。

”お好み牛玉丼”?!

こののぼりを見て、20年近く前、ウナギの蒲焼を販売していた頃の記憶がよみがえりました。

当時のある日、ウナギ蒲焼拡販の一環で大阪での展示会に参加しました。当時部下だったサーフィン好きでガタイもよく、ごはんも人一倍食べる静岡出身のA君と一緒に行きました。

営業車に荷物を積み、大阪に着いたのが昼頃、とりあえず昼食をと思い、A君に「何食べたい?」と聞いたところ、A君は「せっかく大阪に来たんだから、大阪っぽいものを」とのリクエスト。では「お好み焼きでも食べようか」とたまたま見つけた地元のお好み焼き屋さんへ。

メニューを見て、私は普通に”お好み焼き定食”を注文。A君も「じゃあ、僕も」と同じものを注文。お好み焼き定食が運ばれてきて、半分食べ終わるか、終わらないかのタイミングでA君が「半分残してもいいですか?」と。私はA君の体調が優れないのかと心配しましたら、A君はお店の人を気にしながら「僕には白飯とお好み焼きという組み合わせ、炭水化物をおかずに炭水化物を食べるのは半分で限界です」とのこと。

関西出身で、当時静岡に引っ越してまだ数年しか経っていない私にしては当たり前の”お好み焼き定食”。A君の発言はカルチャーショックでしたが、あとあと考えると普通はそういうもんなんやろなと納得、という経験が。

皆さんは”お好み焼き定食”食べれそうですか?

※ちなみにすき家の”お好み牛玉丼”は”ダイスカットしたキャベツに、「お好みソース」とすき家特製からしマヨをかけたお好み焼き風牛丼”だそうで、牛丼の上にお好み焼きが乗っているわけではございません。

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ