株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

電気料金

大手電力からの電気料金が値上げのなるとのニュースが先週ありました。

これは再エネの買い上げを電気利用者に分配している電力賦課金が値上がりするためだそうです。

電力賦課金は再生エネルギー、主に太陽光発電の普及を目指して10年ほど前から高値での電力買取を各電力会社が開始し、その後その買取価格の負担を電力を使用している全員で負担してもらうという形で始まったと記憶しております(間違いがあったらすいません)。

年を追うごとに再エネの買取価格は下がってきましたが、買取価格の固定期間は一般家庭用で10年、産業用は20年となっており、電力会社からするとまだまだ負担があり、電力賦課金は2030年ぐらいまで上昇するだろうとの話もあるようです。

このようなことを考えますと何もつけなくても電力賦課金は請求される訳ですから、太陽光発電など再エネの発電装置をつけて購入する電気を少なくする方が得、発電して余った電気は買取価格が以前より安くなったとしても売った方が得ということにもなります。

もちろん取り付ける発電装置ややり方で損得は変わってきます。

いちまるホーミングでは10年間の太陽光発電の販売実績があります。もし再エネや電力賦課金のことでお悩みなら、是非一度いちまるホーミングにご相談ください

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ