株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

太陽光関係の補助金

今年度は菅政権の方針に盛り込まれたカーボンニュートラルの影響か再生可能エネルギー、特に太陽光発電・蓄電池関係の補助金が例年より多く出ているように思います。

弊社も今まで一般住宅用、

産業用と言われる大規模な太陽光発電

の設置を数多くさせていただいてきました。

カーボンニュートラルに加えて、昨今の自然災害の多発を考えますと、このような補助金を利用させてもらって太陽光発電や蓄電池を導入する検討はいかがと思い、現在、私どもで把握しております補助金を紹介させていただきます。

一般住宅向けでは

焼津市の太陽光発電・蓄電池の補助金藤枝市の蓄電池の補助金島田市の蓄電池・エネファームの補助金があります。

企業向けでは

環境省の「PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業」の中に複数のパターンの補助金が出ている、今後出てくるとの情報があります。

その中でも「(3)平時のCO2と災害時避難施設を両立する直流による建物間融通支援事業」や「(5)再エネの価格低減に向けた新手法による再エネ導入事業に係る公募のお知らせ②再生可能エネルギー事業者支援事業費(“建物屋根上や空き地”以外の場所を活用したソーラーカーポート等の自家消費型の太陽光発電設備及び蓄電池の導入を行う事業)」などは新しい試みだと思いますし、「令和2年度(第3次補正予算)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業)」は比較的申し込みしやすい補助金かと感じております。

環境省からの補助金につきましては採択団体が運営を任されており、「一般社団法人 環境技術普及促進協会」や「一般財団法人環境イノベーション情報機構」が複数を請け負っているようです。詳しくはそれぞれの名前をクリックしてもらえるとそのホームページに行きますので、そこでご確認ください。

補助金名は長く大変そうですが、内容をしっかり把握すれば申請書も作成可能です。〆切迄時間のある補助金がまだまだあります。

太陽光発電や蓄電池の補助金にご興味ございましたら、一度いちまるホーミングまでお尋ねください。補助金の説明や申請のお手伝いを含めてご相談に応じさせていただきます。

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ