株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

今年のカブトムシ

昨年飼っていたカブトムシが卵を産み、幼虫になって成長している話は前にブログに書かせていただきました。

その後ですが、春ぐらいから幼虫を飼っていた水槽にコバエが大量発生しました。土を変えても変えてもコバエの発生は治まりませんでした。

GW辺りに水槽内のコバエがまた増えてきたので、土を交換しようとすると幼虫の様子が変でした。よく見ると幼虫4匹中3匹がサナギに。残りの1匹もサナギになる準備となる蛹室を作り始めていました。これでは土を全部変えることができません。蛹室を壊さないように気を付けながら、コバエ対策で恐る恐る水槽の上部半分ぐらいの土を変えること数回、1か月ほど経つのにサナギは成虫になって出てきません。

1ヵ月ぐらい水槽の下部分の土を交換していないとところどころでカビが発生。ネットで調べるとカビはサナギが死んでしまう要因にもなるとのこと。意を決してサナギを掘り起こすかという話になりました。

するとカミさんがこんなの売ってたよと買ってきてくれました。

今はこんなものも商品化して売っているんだと感心。ちょっと安心して、先週の日曜日に土を掘り起こしました。

すると4匹とも土の中にはいたものの、サナギから脱皮し、成虫になっていました。

性別もオス2匹とメス2匹。昨年よりだいぶ早く成虫になった気がしますが、これから夏に向けてオス・メスそれぞれの婿取り、嫁取り含めていろいろ考えていこうと思っております。

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ