株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

雨水管洗浄

今年になって早々、お客様の雨水管の修理をしたことをブログで紹介しました。その時は建物の屋上から床下を通りマンホールへつながっている雨水管のマンホール手前の最終屈折箇所の接続管(床下)が割れていたので、その補修とそこからマンホールまでの間の配管内洗浄をしたのですが、お客様より前回修理した箇所より屋上側でまだ水が流れない箇所があるとの話をいただきました。

お客様と雨水管の詰まりがどの箇所にあるかを推測し、どこからその詰まりをチェックし、取り除くかを話し合いました。結果、詰まりをチェックするには前回補修した箇所の配管を取りはずし、そこからマンホールとは反対側の屋上に通じている配管をチェックするしかないということになりました。

写真の青枠部分が前回の工事箇所。今回チェックするのは写真の赤枠部分から屋上に垂直に伸びている配管になります。

建物の外に高圧洗浄機を車載したトラックを配置し、床下の配管のある場所(上記写真の場所)
までホースを延長して這わせていきます。

配管を切断すると

配管いっぱいに砂混じりの泥が溜まっていました。約半年前にマンホールから高圧洗浄のホースを入れ、屋上へ立ち上がっている管の1m上付近まで洗浄したのですが、その上から泥が落ちてきたのか、配管内のこの状態にビックリしました。

切断箇所から屋上に向けて配管内を高圧洗浄を掛けると、こんなに泥が。

お陰様で配管はすっかりキレイになりました。

配管内にもう詰まりがないか、上の階から配管内に水を流して確認。

その後、床下の配管をやり直し。

今後、床下から配管内をメンテナンスできるように、赤枠のような蓋つきの接続管にさせてもらいました。これで今後の配管内のチェック、洗浄は簡単になります。

配管の詰まり等もいちまるホーミングまでご相談ください。ご連絡お待ちしております。

 

おやじのよもやま話

ページ上部へ