くうちゃんが虹の橋を渡りました・・・いままで、ありがとう!! 焼津・藤枝・静岡の快適リフォーム|いちまるホーミング

リフォームなど住宅のお悩みを解決!株式会社いちまるホーミング

ブログ娘☆たちのおしゃべり

最新記事一覧へ戻る

くうちゃんが虹の橋を渡りました・・・いままで、ありがとう!!

2019年 9月12日(木)

 土曜日の夕方、私が用事で出かけていて帰って来るとくうちゃんはもう冷たくなって動きませんでした。

 小さな体はどんどん痩せていって、3.6Kgだったのに、2.5kgをきっていました。

 お水を飲みに行くのもご飯の場所もわからなくて、うろうろしていたこともあり、だんだん食べなくなり、これはもう・・・

 という感じになっていました。

 その日の朝もお水を少しとご飯も少し、ギリギリまでお水を給水器からあげていましたが、もういらないと

 顔をそむけていました。

 場所を教えたり、私が手からあげるようになって一週間くらい経った頃です。

 燃えるもので、化繊でないものということでダンボールに入れてあげました。

 新聞紙をひいてバスタオルを二枚程ひいて、ふかふかにしてから入れてあげました。

 土曜日の夕だったので、保冷剤をたくさん詰めて、入れ替えてあげたりして、クーラーの下で、月曜日を待ちました。

 淋しくないようにぬいぐるみを入れてあげました。

 娘が月曜日に駆けつけてくれました。

 チロルは心配そうで、悲しそうな寂しそうな表情をしてションボリしていました。

 息子もライン電話して慰めてくれたり、主人も悲しそうにしていました。

 

 お花を入れてあげました。

 八月生まれのくうちゃんに良く似合う、「姫ひまわり」を娘が用意してくれました。

 ポコちゃんとモコちゃんも来てくれました。

 犬とはいえ、みんなくうちゃんを心配そうに覗き込んでいます。

 動かなくなったくうちゃんを「どうしたの?」と思っているような感じでした。

 ちゃんとわかっているんだと思います。

 今後のチロルが私より心配です。。。

 

 こうして、月曜日に火葬場にいって、無事に火葬してもらいました。

 ショックで大泣きしましたが、まだ不思議と思い出が封印されたままでいます。

 意外と、冷静です。

 二年前から不自由になってきて、諦めていくことがふえていく中でくうちゃんは生きるのが、大変になっていたので、

 今頃は自由に走り回っていると思うようにしています。

 16年1か月も病気らしい病気もせずに、老衰で大往生したことが、ママ孝行してくれたんだと思います。

 くうちゃんには、「たくさんの思い出をありがとう」、と感謝の気持ちでいっぱいです。

 虹の橋の向こうで元気にモテモテでいろんなわんちゃんと走り回る姿が見えます。

 

 3匹と娘と近くのドックカフェでランチを食べました。

 少しばかり元気になったチロルです。

 ワンコのおやつは50円でたくさん食べました。

 たくさんの色んな犬種がいて、とても賑やかなカフェでした。

 2013.12にくうちゃんと一緒に来ていた写真が店の壁に貼ってありました!!

 懐かしいサンタのような服を着たくうちゃんでした。

 

DSC_5707

 くうちゃん、ありがとう。安らかに。。。

                              ♡   クウまま   ♡ 

上部へ戻る