株式会社いちまるホーミング

エネルギー事業 エネルギー事業ブログ

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違い

どこのガソリンスタンドに行っても、ハイオク、レギュラー、軽油があります。

「ガソリンと軽油の違いは分かるけど、ハイオクとレギュラーの違いってなに?」

「ハイオクって10円くらい高いけどそのメリットは?」

「レギュラー車にハイオクを給油しても大丈夫なの?」

という、皆さまの疑問を今回のブログでは解説したいと思います。

 

そもそもハイオクとはなにか

 

「ハイオク」とは、「ハイオクタン」という言葉を略したものです。

ハイオクとレギュラーは「オクタン価」という単位で分けられていて、オクタン価が高くなるほど燃えにくいガソリンとなります。

そのため、「ハイ(高い)オクタン(価)」=「オクタン価が高い」

ハイオクは、レギュラーよりも燃えにくいために混合気の圧縮比が大きくなり、燃焼時のエネルギーが強くなるのです。

 

・ハイオクとレギュラーの違い

 

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンには10円くらいの価格差があります。

レギュラーよりもハイオクのほうが10円程度高く販売されています。

簡単に言うと、「レギュラーよりも性能や品質が高いのが、ハイオク」です。

たとえばハイオクには、エンジン内部を洗浄掃除してくれる「エンジン洗浄剤」が、レギュラーよりもたくさん入っていますし、レギュラーよりもオクタン価が高くなっています。

 

 

・ハイオクのメリット

 

オクタン価が高いハイオクは燃えにくく、そのために混合気の圧縮比が大きくなり、燃焼時のエネルギーが強くなります。

そのため、エンジンの状態を安定的に保って効率よくエンジン内でガソリンを燃焼し、燃費の向上や、ノッキング(金槌で叩くような異音)を減らしてくれるメリットがあります。

また、ハイオクに入っている洗浄剤は、走行時に蓄積するカーボンを除去してエンジンの寿命を延ばしてくれる効果もあります。

 

 

・レギュラー車にハイオクを給油しても大丈夫なのか?

 

2000年より新しい車で、電子制御化のエンジンが搭載されている車であれば、問題はありません。

「ハイオクとレギュラーを混ぜてはいけない」と言われていたのは、現在廃止になっている「有鉛ガソリン」が販売されていた、1970年代頃の話なんです。

鉛の毒性が注目されて廃止の動きが活発化、先にレギュラーガソリンが無鉛となったことから、まだ有鉛だったハイオクを混ぜるとよくないと言われていたのです。

そのため、現在ガソリンスタンドで販売している無鉛ハイオクガソリンは、レギュラー車に入れても大丈夫です。

また、ハイオク仕様車に無鉛レギュラーガソリンを入れても、とくに問題はありません。

・まとめ

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの価格差は1Lあたり10円くらいとはいえ、100L、1,000Lと給油していけば、千円、1万円と違います。

今回紹介したハイオクのメリットなどを参考にし、価格差と照らし合わせながら、自分自身のカーライフに合わせたガソリンを選んでください。

 

いちまるホーミング焼津給油所
住所:焼津市栄町2-8-10
電話:054-628-3450

 

 

電話問合せ ご相談・お問合せ
ページ上部へ