株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

フェンス 越境してないですか?

敷地境界線

お客様のご相談の中で敷地境界線からフェンスがはみ出ているので直してほしいとご依頼をいただくことがあります。

古くからある住宅ですと敷地の境界線が曖昧になっていることがあり、このような問題に遭遇することがあります。

そのまま放っておくと今後のトラブルにつながりかねません。
そこで敷地境界線をはっきりさせることが大事になってきます。
これは土地を売却したいとなったときも問題となります。境界線が曖昧な方は一度調べておくことがご近所トラブルの対策につながるかもしれません。

境界線を調べる3つの方法

①法務局で調べる

法務局には土地や建物などの不動産情報が登記されています。その登記の中に「地積測量図」というものがあります。これを調べれば隣地との境界線が分かるのですが、年代が古くなると正確性に欠けたり、場所によっては地積測量図がない土地もあります。

②測量士に依頼

測量士または測量事務所へ依頼すれば測量してくれます。ただ、測量士は主に公共事業の測量をしています。

③土地家屋調査士に依頼

土地家屋調査士は不動産の登記や土地の境界を調べてくれます。いろんな方法を使って土地の境界をはっきりしてくれます。

上記のいずれの方法も多少なりとも費用が発生します。

また法務局ならまだしも、測量士や土地家屋調査士に当てがないという方もいらっしゃると思います。そういう場合はいちまるホーミングへご相談ください
私たちいちまるホーミングより測量事務所へ敷地境界線が曖昧となっている土地の測量を依頼し、実施させていただきます。

また、境界線がはっきりしましたら、そこにある壁やフェンスの移設や新たにフェンスを作る方もいらっしゃいます。

フェンス設置 事例1

隣地との境界が分かりにくく、竹が隣地まで広がってしまい、竹の手入れにとても苦労してされていました。

竹の伐採し、隣地境界の確認後、コンクリートブロックとフェンスを設置しました。
敷地内がとてもスッキリ、明るくなりました。

フェンス設置 事例2

境界線を測量し、はっきりさせた後、新しくフェンスを設置しました。

お問い合わせは

いちまるホーミングではこのような測量やそれにも伴う工事も承っております。
ご相談等あればお気軽にお声かけください。

メールでお問い合わせの場合はこちらをクリックしてください。

電話問合せ ご相談・お問合せ
ページ上部へ