株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

台風シーズン到来早めの準備を!

建物のベランダの防水層・外壁・屋根の点検

台風接近時に事務所のベランダの防水層・外壁・屋根が劣化していると、台風が通過した時に損傷が大きくなってしまう可能性があります。台風は上陸しなくても暴風や大雨をもたらします。事前の点検がお薦めです。

ベランダ防水層の劣化

ベランダの防水層が約10年を経過すると劣化が激しくなり、雨漏りの原因になることがあります。今回は事務所の天井から雨漏りが発生し、原因がわからないとのことでした。そこでベランダの防水層を点検したところ、ひび割れがひどく、お客様に聞いたところ、設置してから10年は経過していると聞き、お客様の要望で台風が来る前に修理をすることにしました。修理代はかかりましたが、その結果、被害は出ず、原因もはっきりしました。

 

外壁の破損

何年も外壁の塗装をやらずにそのままにしておくとひび割れがひどくなり、修理するのに費用もすごくかかります。このような外壁は1年に1回は台風シーズン前に点検することをお薦めします。

外壁のコーキング塗装

外壁をコーキング塗装することで破損個所及び目地も改修され、外壁がすごく綺麗になりました。
外壁の色もお客様と相談しながら選びました。
出来上がりを見て、お客様も満足いただけたようでした。

屋根の錆

写真の屋根全体に錆が出ています。そのままにしておくと錆の箇所が腐食し雨漏りの原因になります。
そこで屋根塗装を提案し、施工させていただきました。

屋根が雨漏りすると室内が水浸しになりかねないので、屋根の錆の確認して、日頃からメンテナンスしておきましょう。

近年の台風の状況

平成23年9月 台風15号 最低気圧940hPa 最大風速45m/s

平成25年9月 台風18号 最低気圧960hPa 最大風速35m/s

平成26年10月 台風18・19号 最低気圧935hPa 最大風速50m/s

平成30年9月 台風24号 最低気圧915hPa 最大風速55m/s

令和元年 台風19号 最低気圧915hPa 最大風速55m/s

まとめ

台風は9月・10月が発生・上陸しやすいと言われおります。
近年太平洋高気圧の張り出しが強くなっており、台風が日本列島の陸地近くを通るようになっています。
さらに地球温暖化により、台風が大型化・強力化していることが指摘されています。
台風シーズンに備えて、今からの建物の雨漏り点検をお勧めします。
雨漏り点検のご相談・お困りことが有りましたら電話では054-671-1010、✉メールではここをクリックしてください。

電話問合せ ご相談・お問合せ
ページ上部へ