株式会社いちまるホーミング

店舗・工場・事務所 店舗・工場・事務所ブログ

病院の休診日にエアコンを交換しました

普段は何不自由なく作動しているエアコンですが、故障して止まってしまい大変な思いをされたことありませんか。

問題なく動いている時はなかなか交換を考えないものですが、トラブルは突然やってきます。

これが一般のご家庭ですと交換するまで2,3日我慢するとか、別の部屋に避難するとかで対応できるのですが、毎日たくさんの患者さんが来られる病院ではそういう訳にはいきません。

真夏の熱暑日、真冬の凍えるような寒い日に突然故障してしまうと、病院内の各所に問題が出、外来診断がストップしてしまいます。

今回は設置して約10年が経つ病院のエアコンを、休診日を利用して、外来の待合室、ホール、受付、診察室、物理療法室、事務室の6か所を更新しました。

 

1.養生

土曜日の午前診の終了を待って、工事エリアの養生を一斉に始めます。

診察室には診察器具等たくさんの荷物があります。それらにエアコンの入替中にホコリ等がかからないようにすべてを養生します。

 

2.エアコンの取り外し

今まで設置してあったエアコンを取りはずします。

 

3.新しいエアコン室内機の搬入・検品

新しいエアコン室内機の機器・部材を設置場所に運び込み、数量や種類に間違いがないかを検品します。

 

4.エアコン室外機の交換

屋上に設置してある古いエアコンの室外機はラフターで吊って降ろし、新しい室外機と交換します。

室外機周りの冷媒管のラッキングというカバーも交換しました。

このような大きな作業は診察時間中には無理ですね。

 

5.交換終了

今回は病院の休診日に機動力を使って、一気にエアコンの交換作業することができました。

 

古いエアコンは更新が必要です。

エアコンの設備は、ある程度のサイクルでメンテナンス計画を立てることが必要です。ご予算・時期・交換日などの計画をし、ご家庭ですと日々の生活、事業所ですとお仕事にできるだけ支障が出ないようにするのがいい方法だと考えております。

そろそろ更新をお考えの方、是非いちまるホーミングにご相談ください。

井上

ご相談は電話では054-671-1010、メールでのお問い合わせはこちらをクリックしてください。

 

弊社で施工させていただきました事例はこちらをクリックしてください。

 

ページ上部へ